EDINETスクレイピング

EDINET API

書類一覧API

import requests

url = "https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/api/v1/documents.json"
params = {"date": "2019-08-22", "type": 2}

res = requests.get(url, params=params, verify=False)

path = 'edinet_api.txt'

with open(path_w, mode='w') as f:
    f.write(res.text)

欲しい情報

filerName

会社名

"特殊電極株式会社"

secCode

EdinetCodeだけなじゃなく、証券コードも付属。
5桁表示のコードなので末尾1桁は削って使いましょう。

"secCode": "34370",

docDescription

書類のタイトル。

"四半期報告書-第73期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)"

submitDateTime

報告日。DB管理上は欲しい。

"2019-08-09 09:00"

docID

書類取得APIで指定する書類のコード。

docTypeCode

たくさんあるけど重要そうな項目は以下。

コード値 コード名称
120 有価証券報告書
130 訂正有価証券報告書
140 四半期報告書
150 訂正四半期報告書
160 半期報告書
170 訂正半期報告書
350大量保有報告書
360訂正大量保有報告書

code

import requests
import json
import re

date = "2019-08-08"
url = "https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/api/v1/documents.json"
params = {"date": date, "type": 2}

res = requests.get(url, params=params, verify=False)
path = 'edinet_api.txt'

rj = res.json()
com = rj["results"]
pattern =r"四半期"
repattern = re.compile(pattern)

for c in com:
  if c["docDescription"] == None:
    pass
  else:
    if re.search(repattern, c["docDescription"]):
      with open(path, mode='a') as f:
        f.write("{}\n{}\n{}\n".format(c["docID"], c["docDescription"], c["filerName"]))
    else:
      pass
XBRLから上場企業の決算書の情報を得る。 - Qiita
XBRLとは XBRL は企業の決算書などのビジネスレポートを XML 形式で記述するための国際標準の仕様です。 日本ではすべての上場企業はXBRLの形式で有価証券報告書や四半期報告書などの決算書を金融庁に提出する義務がありま...
teatime77/xbrl-reader
XBRL Reader. Contribute to teatime77/xbrl-reader development by creating an account on GitHub.

コメント