Xaml Styler(C# WPF)

C#

最近知ったんですが、これ便利ですよ。
仕事で使うかと言われると微妙に憚られるのですが、個人開発ではバンバン使ってます。

XAML Styler - Visual Studio Marketplace
Extension for Visual Studio - XAML Styler is a visual studio extension that formats XAML source code based on a set of styling rules. This tool can help you/you...

xamlのAttributesを自動で並び替えてくれたり、改行してくれたり、大助かり。
一般的にはAttributesを改行する目的で使うのだと思います。

<TabPanel x:Name="HeaderPanel" Grid.Row="0" Margin="0" Panel.ZIndex="1" Background="Transparent" IsItemsHost="True" KeyboardNavigation.TabIndex="1" />

こんな感じの横に長いコードを下のように自動で揃えてくれます。

<TabPanel x:Name="HeaderPanel"
            Grid.Row="0"
            Margin="0"
            Panel.ZIndex="1"
            Background="Transparent"
            IsItemsHost="True"
            KeyboardNavigation.TabIndex="1" />

私は縦に長いのは一覧性が下がって嫌なので1行に圧縮する目的で使っています。
Ctrl+Sで保存時に補正が掛かるので、揃えてほしければ保存すればOKです。
個別の保存でなければ自動補正は掛からないので、補正したくなければ一括保存等の別の方法で保存しましょう。

私の設定

標準の物から以下だけ変更して使っています。

Element Formatting
RootElementLineBreakRule = Always

Attribute Formatting
Keep first attribute on same line = True
Attribute tolerance = 3
Max attributes per line = 7

Attributesの並び順が変わってしまうことで、思わぬバグが発生する可能性もある点だけは注意が必要です。まあそんなことでバグるWPFが悪いと思うんですが、こればっかりは仕方がない。
個人開発なら多少バグっても修正が効きますが、仕事で意図せずに並び替えてバグに気付かずリリースすると悲惨ですからね。不必要なコード改修は控えましょう。

コメント